若いうちに経営者の景観を積めるチャンが得られた

前職では、ずっと経営企画の仕事をしていました。経営企画というと名前はいいですが、要は、「考えるのはこっちでやるけれど、実行するのはあなたたちだから、うまくやってね」というのが仕事です。いうことは言うけれど、責任は取らないという部署です。
出世・昇格という観点で言うといわゆるエリートの部署なのですが、そういう、主体性のない仕事内容であり、最終的な責任のない部門ということが、心理的に物足りなく思っていました。
どうせなら、自分で考えて、自分で実行し、自分で責任をとり、あるいは評価され、という方が自分の性に合っていましたし、なによりビジネスマンとして成長できると考えるようになりました。
それで、前職の会社の中でそういう部門への異動願いも考えましたが、その会社で「経営」の仕事をするようになるためには、まだ10年以上かかります。その10年の時間が自分の成長にとっては非常にもったいなく思えたので、いっそのこと転職して、そういう経営の仕事に就こうと考えました。
それで、異業種交流会で会った人たちなどに、そういう思いを持っているということを相談したところ、ちょうどその中のこれも経営者の人に、子会社の経営を任せられる人を探していた、と言われ、そのままその会社に転職することにしました。
それで、今3年たちますが、経営の仕事は非常にシビアであり、経験不足の私には苦労の連続ですが、自分の選んだ道でもあり、非常に充実していますし、3年で少しは成長できたのではないかと思っています。前職では、ずっと経営企画の仕事をしていました。経営企画というと名前はいいですが、要は、「考えるのはこっちでやるけれど、実行するのはあなたたちだから、うまくやってね」というのが仕事です。いうことは言うけれど、責任は取らないという部署です。
出世・昇格という観点で言うといわゆるエリートの部署なのですが、そういう、主体性のない仕事内容であり、最終的な責任のない部門ということが、心理的に物足りなく思っていました。
どうせなら、自分で考えて、自分で実行し、自分で責任をとり、あるいは評価され、という方が自分の性に合っていましたし、なによりビジネスマンとして成長できると考えるようになりました。
それで、前職の会社の中でそういう部門への異動願いも考えましたが、その会社で「経営」の仕事をするようになるためには、まだ10年以上かかります。その10年の時間が自分の成長にとっては非常にもったいなく思えたので、いっそのこと転職して、そういう経営の仕事に就こうと考えました。
それで、異業種交流会で会った人たちなどに、そういう思いを持っているということを相談したところ、ちょうどその中のこれも経営者の人に、子会社の経営を任せられる人を探していた、と言われ、そのままその会社に転職することにしました。
それで、今3年たちますが、経営の仕事は非常にシビアであり、経験不足の私には苦労の連続ですが、自分の選んだ道でもあり、非常に充実していますし、3年で少しは成長できたのではないかと思っています。